FC2ブログ

04月 « 2012年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

安定度 (こんな計算をしてみました)

2012年 05月03日 23:40 (木)

ナイスプレ~

世界にはいろいろな スポーツ があります。

当然 試合ともなると順位、または 勝敗を競う ことになるわけです。  

そういうことにおいて考えると、ゴルフの世界って不思議ですよねぇ。

例えば、相撲の横綱や、水泳の北島選手、スケートの真央ちゃんなど、勝つことが当然とされていたり、

オリンピックでも金メダル候補の選手は勝って当たり前のような目で見られる。

そりゃ、選手本人も相当なプレッシャーのもと 練習しているに違いないと思います。

強い者は連戦・連勝 でなくてはいけないと いわんばかりに。

ところがゴルフという競技は違いますよねぇ。 年間20数試合が開催される中で 年間3勝もすれば

おそらく賞金王かそれに近いところに位置します。あとの20試合近くはその人以外の人が勝っているのに。。。

ゴルフは必ず強い人が勝つ競技ではないということです。

では 何をもって強いというのか!

ま、当然 賞金獲得レースですから、いくら稼いだかでランキングされます。

それはそれでいいんですが、やはり常に安定した成績を残すこと も大切ですよねぇ。

5位に入ったけどその後2週連続で予選落ちの選手と、3週とも34位の選手がいたとして、

でもその3週での獲得賞金は前者の方が多いとしたら、何か微妙な気がします。

そこで獲得賞金とは別に、どれだけ安定した成績を残しているかということで、こんな計算をしてみました。

まず、その試合での順位をそのまま得点にして(優勝なら1点、28位なら28点、予選落ちは100点)

出場した試合の得点を合計します。 例えば開幕から、優勝、28位、予選落ち、という選手は3試合で129点です。

合計得点を出場試合数で割った数字を出します。

対象選手は 石川 遼・谷口 徹・藤田 寛之・片山 晋呉・宮里 優作・矢野 東・宮本 勝昌の7選手(アトランダム)です。

上記はとりあえず、賞金ランキング順です。

では 結果 です。

石川遼・・・・591点(22試合) 平均 26.86点   優勝0回  予落4回
谷口徹・・・・579点(23試合) 平均 25.17点   優勝1回  予落2回
藤田寛之・・・504点(24試合) 平均 21.00点   優勝1回  予落2回
片山晋呉・・・509点(20試合) 平均 25.45点   優勝0回  予落1回
宮里優作・・・1174点(25試合)平均 46.96点   優勝0回  予落7回
矢野東・・・・1082点(23試合)平均 47.04点   優勝0回  予落7回
宮本勝昌・・・1196点(22試合)平均 54.36点   優勝0回  予落7回

出場試合ごとに一番安定した成績を残しているのはダントツで 藤田寛之プロ でした。

宮里プロと矢野プロの差はわずかですが、昨年の賞金ランキングは21位と34位です。

このような計算で全選手の出場試合安定度ランキングを出したらおもしろいかも?

当然、賞金ランキング通りにはならないはずです。

年間通してこの安定度が一番いい選手が本当の意味で強いですよねぇ。


ということでホールアウトです







       クリック↓↓してね
スポンサーサイト

プロ支給品

2012年 05月03日 15:20 (木)

こんにちわ!GOLF PEACE です。


今日も1本、レアなものが 入ってきました



今回はシャフト です。


DSC00566.jpg

DSC00567.jpg

DSC00568.jpg


     テーラーメイドカラーのディアマナ カイリ70


                 フレックスはX!  R9 のスリーブが付いてます。



            テーラーメイドのクラブは互換性があるので、R11にもRBZにも装着可能



                    興味のある方は お気軽にお問合せ下さいね。

てなことでホールアウトです



                             クリック↓↓してね