FC2ブログ

05月 « 2013年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

ショット安定の秘訣 3

2013年 06月10日 19:27 (月)

ではキーワードに沿っての解説です。

CIMG6285.jpg
CIMG6286.jpg
CIMG6287.jpg
CIMG6288.jpg

上記4枚の画像、どれが良さそうなアドレスに見えますか? 


正解は ズバリ1枚目!

たぶん、何となくそうだろなぁ。。。と思われるかもしれませんが、

具体的にどこがどう、他の3枚は何がいけない?

と問われると、はっきり答えらないのではないでしょうか。


ではキーワードの説明です。

1、膝下・・・膝下は極力、地面と垂直にして下さい。

2、背筋・・・腰のあたりですね。ここに緊張感を持たせて下さい。

3、両腕・・・肩からダラ~ンと垂らして下さい。

上記3つの条件を全てクリアすることが大切です。


ということで、画像解説です。

2枚目は「1」が  


1枚目の状態から膝を曲げました。


膝を曲げることで膝下と地面に角度が出来てしまいます。

結果、自分とボールまでの距離は同じなのに、とても小さなアドレスに感じ、

窮屈な感じがします。


3枚目の画像は「1」と「3」が

2枚目の状態から、窮屈さを回避するため、腕を前に出した形。

ヘッドも1個分前に出ます。腕を前に出すということは、そこですでに

余分な力が入っていることになります。


4枚目の画像は「3」が

1枚目の状態から両腕を自分側にひいた形。

ヘッドも1個分手前になります。グリップ周辺の懐が窮屈で、

バックスウィングが外に上がりやすくなります。


結果、1枚目の画像がズバリ 3つの条件を満たしているアドレスになります。



ところで、よく雑誌なんかで、ベルトのバックルとグリップエンドの間に


握りこぶしが1個~1個半入るぐらいに。。。という表現がありますが、


この部分だけに着目するとおかしくなるんですねぇ


そこで、ヤス&ヤス式に表現、というか着目する箇所を変えます!


1枚目の画像、グリップエンドから垂直下方に線を引きます。


そしてその線と膝頭の間に握り拳が1個~1個半入ればOK!


これが重要ポイントです。


ま、3つの条件を全てクリアすれば 自然とそうなりますが。。。


こんな感じになればいいと思います。

CIMG6292.jpg

では最後に 安定したショットが出る確率が上がる アドレスの作り方の解説です。

CIMG6289.jpg

↑↑ まず、太ももの付け根にシャフトを当てます。


CIMG6290.jpg

↑ ↑ グ~ッと後方にシャフトを押します。

   そのあと、シャフトを股関節で挟むように、重心を下に下げます。

   この時点で、膝から下は地面に垂直、背筋に緊張感です!

CIMG6291.jpg

↑ ↑ 両腕をダラ~ンと垂らし、そこでグリップします。

CIMG6285.jpg

↑ ↑ 完成です!

「静」の状態なので繰り返し、チェックしながら出来ますね。

このアドレスをとり、また最後まで保ちながらスウイングすると、

たとえ個性的な軌道・形であっても

その人なりに

安定したショットが出る確率が高くなると思います。


繰り返し言いますが、安定したショットが出る確率が高くなるんです。 

ほとんどのレッスン番組、雑誌では プロみたいに打てるようになると錯覚してしまうような

書き方しかしてないんです。


見たり、読んだりした人も 「分かった!!」言うてますね(^^ゞ


アマチュアはプロゴルファーのようには打てないです。

(トップアマ、学生は別として。。。)


今持っているショット力で、どれだけ確率よく打てるか!


ということが、スコアに繋がると思います。


一度試してみて下さい。



この画像を撮ったあと この場で実際打ちましたが


向こうのマンションを軽々超えていきましたよ!(^^ゞ




ということでホールアウトです



                  クリック↓↓してね
              

                    
                    ↑↑クリックお願いします





        にほんブログ村 ゴルフブログへ
                 ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。









      




スポンサーサイト

ショット安定の秘訣 2

2013年 06月10日 15:17 (月)

6月10日(月)

ナイスプレ~


なんか梅雨らしくなってきました。。。


台風も来ているみたいで。。。。


12日はコンペもあるのに。。。。


キャンセルするかぁ。。。。


Kさん、冗談です(^o^)



さて さて 1日開きましたが、行きましょう!


  「ヤスのアドレス改造計画」  


 その前に、注意点として、


 ①飛距離UPではなく、安定したショットが出る確率を上げることが目的ということと、


 ②根本的なスウィングの癖やリズム、いわゆる「動」の部分の改善はかなりの努力

  が必要であるということです。


 要するに誰がみても、「あー、いい構えだなぁ」と思われることが大切。


 『静』の状態なので、それはみんなに可能だと思います。


 また、テークバックもまだ緩やかな「動」なので 


自分の意識次第で改善は可能だと思います。



では早速、ヤス&ヤス(ま、ほとんどヤス2ですが、、、)が提唱する


理想アドレスとは


キーワードは3つ

1、膝下

2、背筋

3、両腕


この言葉をポイントに解説したいと思います。


                    クリック↓↓してね
                

                     
                     ↑↑クリックお願いします





        にほんブログ村 ゴルフブログへ
                 ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。