FC2ブログ

08月 « 2013年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

試打ってきました。

2013年 09月23日 16:29 (月)

9月23日(月)

ナイスプレ~

今日は秋分の日

昼と夜の時間が同じらしいですが、

厳密にいうと、昼の方が若干長い。。。らしいです。


でも、今日ぐらいを境に午後スルーでのラウンドは

日没との勝負も関わってくるかもしれませんね。



さて さて 打ってきました。

CIMG8815.jpg
CIMG8818.jpg

昨日買取りした R1+GT6Sドライバーです。


ヤスにはヘッドが合っているのか、95点で合格です(^o^)


ヤスのエース、アッタス5と比較すると、

GTの方がしなるポイントが手元側に感じ、

同じように打っても(実際は同じように打ててないという噂もある。。。)

アッタス5に比べ、弾道が若干低い感じがします。

球を高く上げたくないという方にはいいかもしれません。

ただ、ヘッドとの兼ね合いがあるので、何でもかんでも

GTだったら中弾道というわけではありませんのでご注意を!



ゴルフクラブ、とくに1番長いドライバーは

スペック的に同じ長さ、バランス、重量のクラブが2本あったとしても

そのプレーヤーの切り返しのタイミングやスピードで

全然違った感覚になるので難しいですね。

ということでホールアウトです

                  
                    ↑↑クリックお願いします
             
        にほんブログ村 ゴルフブログへ
            ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。





     ★★ヤス&ヤスの!★★

★★★いいスコアにこだわる辛口アドバイス★★★

 ここからは『いいスコアにこだわりたい』と思っているゴルファー

以外は閲覧しないで下さい。 





閲覧しないで下さいよ。









こういう方がたくさん見えます。

『このドライバーすごくいいんだけど、叩きにいくと右に行く』

『長いミドルで距離を出してうやろうと思うと失敗する。』

だから、調整して何とかしてくれ!と。


答えを言います。

叩きにいかないで下さい。

いつもより距離を出してやろうと思わないで下さい。

ということです。


通常のスイングで、調子が悪いなら、いろいろな視点・角度から

調整もできるのですが、『叩きにいったとき=力むだけ』のときだけ

曲がるのであれば、それをしないことが1番です。


なぜなら、ゴルフスイングで『叩きにいく』という行為そのものの

メカニズムを我々を含め、アマチュアは理解できてないからです。

ほとんどの人は『叩きにいく』と、本来そのプレーヤーが持っている

素晴らしい、プレーンやリズムを壊し、首筋の血管が破裂しそうな勢いで

歯をくいしばり、逆にヘッドスピードを落としてしまうんです。


当然、風やホールロケーションにまどわされることもありますが、

下手な小細工はせず、アゲンストでも打ち上げのホールでも

14回同じスイングを心がけることが1番、平均アベレージが

上がります。

またそうやってゴルフをしてても、ときに自分で何で?と思えるぐらい

ぶっ飛ぶこともあります。


プロ及び、プロ級の上級者のみが出来る『叩きにいく』スイング

習得はかなり難しいです。

我々が練習もせずに、コースでいきなりやっても100%出来ないと思います。


いいスコアにこだわるなら!


ラウンド中、リズム・スイングの強弱は変えないことが大切です。














スポンサーサイト