FC2ブログ

05月 « 2014年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

NEWアイアン

2014年 06月18日 01:45 (水)

6月18日(水)

ワールドカップ、今ベルギー対アルジェリアをやってます。

アルジェリアのキーパー、バットニュース アレンかと思いました。

ナイスプレ~

昨日の夕方、秀道プロが来店されました。

NEWアイアンができたのでロフト・ライのチェックです。

CIMG7653.jpg
CIMG7654.jpg

なんと、別物R9TPフォージドアイアンなのだ。

CIMG7643.jpg
 NEWR9TPフォージド

一般市販のR9TPフォージド
CIMG9201.jpg

全体の大きさ・シェイプ、グース度、ソール幅、バンス角、キャビティの深さ

同じなのは刻印だけで、その他は全く違うアイアンです。

今まで使用していた物とも全然違います。

そして装着されているシャフトはこれ
CIMG7644.jpg
CIMG7645.jpg
モーダス・プロトタイプ

未発売・ツアープロ専用支給品である SYSTEM 3+ です。

SYSTEM 3 と SYSTEM 5 は聞いたことがありますが、

3+ は初めてです。

重量が重いのか、5番で428.3gとDGS400と変わらない総重量です。

ただ、コースで打った感想はその重量を感じさせない振りやすさがある、

ということでした。

計測の結果、ロフト・ライは秀道数字にピッタリ合っていたので、

とりあえず触らずにそのままということに。

問題はウェッジ。

微妙にバンス角が気になるので、これを合わせる作業に入りました。

CIMG7646.jpg

落とす場所、角度を決め、少しずつやって行きます。

CIMG7647.jpg

荒削りの状態から
CIMG7648.jpg
目の細かいペーパーに移り、軽くバフがけ
CIMG7649.jpg
CIMG7650.jpg

そして打ってもらいます。
CIMG7652.jpg
CIMG7651.jpg
これを何回も繰り返します。

ようやくOKが出たあとは、隣のバンカー&アプローチで、実際に打ってもらう。

ま、打ってもらうというか、単に我々がその技術を見たいだけですが。。。(^^;;


正直テーラーではアイアンの溝規制が入ってからは、

このR9TPフォージド以降、それらしい軟鉄鍛造アイアンが無かったんです。

そしてやっと、そのR9で秀道プロ好みの形状が、久々に仕上がった感じです。

富士可児での感触が良かったので、このアイアンで何とかあの感じのまま

道東オープンでいい結果が出れば。。。と思います。


いやぁ、ホンマええわぁ このアイアン

ということでホールアウトです
                        
                        ↑↑クリックお願いします
                  
        にほんブログ村 ゴルフブログへ
           ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。






スポンサーサイト