FC2ブログ

07月 « 2014年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

70Yですよ。

2014年 08月12日 10:49 (火)

8月12日(火)

ナイスプレ~

何か おかしくなりましたねぇ~。

別人のようです。。。

R.ファウラー

髪の毛が多かったからあのCAPとのバランスが

取れてたのでしょうか。。。

ヒゲも似合わないですねぇ。

ファウウラー ファンの方スミマセン

以上、今日のブログでした。


ここからは、いいスコアを出したい方のみお進み下さい


いつものように辛口です


よく 『100Yを打つクラブが無い』 と言う方が見えます。

100Yになるように、52度を更にロフトを立てる方がいます。

 『100Y』 って一体何なんでしょう。

80から81・・・88・・・109・・・110Yとある中の

たった1つの数字に過ぎません。

ただ、きりがいい というだけのものです。

100Y打つクラブがなくても、きっちり90Y、93Y打てる

クラブがあれば十分な武器です。

ゴルフのルールで、特設ティーが全国共通で

100Yに設置しないといけない。。。なんてことであれば

必要かもしれませんが、そんなことはありません。

しかもラウンド中に100Yが残るケースが何回あるんでしょう。

因みに先日のゴールデンバレーでは100Yを打ったのは『0回』でした。

練習場でも、100や120の看板にきっちり打ちたくなる人がいますが、

ぴったりそこでなくても、決まって、きっちり、毎回看板の5Y手前に

落ちれば素晴らしいことです。

でも、その届かない5Yを頑張ろうとしてしまいますね。

無意味な意識が生じるわけです。




いつもヤスが提唱していることを書きます。

スコア追求なら、徹底的に70Y以内の練習です。

70Y以内をピンに寄せる練習ではないですよ。

70Y以内から絶対に3打で上がろうとする意志を持つことです。

乗って2パットでもいいし、乗らなくても寄せて1パットとか。

第1打がOB,打ち直しが林の中で出すだけ、そこからダフッって

残り65Yになったとしても、ここからは何としても3打で上がろうと

する意思を持つことです。

でもほとんどの人は、OBになったこと、林に入ったこと、ダフったことで

頭がいっぱいか、真っ白になっているはずです。

今さら頑張ったって8か9やん。。。。と意気消沈。

もはや惰性でそのホールを消化しているだけ。

次のホールでまたOBだったらどうしよう、とか

そんなことばっかり考えている人が多いです。

でも、そんな過去のショットは帰って練習すればいいので、

今、目の前にある65Yをしっかりやりとげるクセをつけとけば、

必ず自分の力になると思います。

自分に蓄積されていくものになります。←これが大事なんです。

OBやダフりをその場で悔しがっているうちは、永久に

そのままでしょう。

たまたま まぐれでOBもなし、ダフりも、トップもない完璧な

ゴルフができたとしても、次のラウンドでは元通り。

永久に、たまたまや、まぐれのラウンドを期待するだけのゴルフに

なるでしょう。


確認しときます。いいスコアを出したい方のみ対象ですからね



どんな状況でも、70Y以内からは絶対3打であがるんだ、という意識と、

そのための普段の練習が必要だと思います。


それでもまだ、70Y以内から4打、5打かかったことの悔しさより

1発のOBや、ミスショットを悔しがる割合の方が多いようでは

『スコア』について悔しがってはダメですね。

自分の実力の範囲内で全力を尽くすこと。

範囲を出て、背伸びしたゴルフでは、偶然はあっても

安定して『いいスコア』は出ないと思います。

ということでホールアウトです
                      
                       ↑↑クリックお願いします
                
        にほんブログ村 ゴルフブログへ
         ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。

スポンサーサイト