FC2ブログ

01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

~それより僕が伝えたいのは~

2015年 05月28日 09:47 (木)

5月28日(木)

ナイスプレ~

今日もええ天気ですなぁ。。。

昨日、ゴルフしたばっかりやけど、ゴルフしたいなぁ。。。

ま、夜行きますけどね




さて さて先週の関西オープンで感じたこと、

というか、再確認したことについて書きます。

そして このことはアマチュアゴルファーの皆様に

声を大にして言いたいことであります。


注) 1部、辛口度・レベルの文章がございます。

   あくまでもゴルフにおいてスコアを追及されている方のみ

   閲覧下さいませ。

  
    

   


   




     平均スコアを上げたい、という方のみお進み下さい。






【ケース1】

2番のパー5でのこと。第1打、秀道プロは右のラフに行った。

順目だったが、そこそこ深いラフだった。

刻みどころを考え、バッグから抜いたクラブはPWだった。



【ケース2】

13番での金 度勲プロ。第1打が右のクリークへ。

ドロップをしてグリーンを狙うが、クリーク沿いには

結構大きな木がずぅ~っと立ち並んでいる。

距離は約180Yで木々の上を超えることは出来ない状況。

しばし考え、華麗なスイングで振り抜き、綺麗な球筋で

飛んだ球はグリーン手前50Yに落ちた。

計算通り、最初からそこまでしか打たなかったのだ。



【ケース3】

8番のパー4、秀道プロの第1打は一旦、左のバンカーに入り、

その後転がり、かろうじてバンカーを出たところだった。

ほとんど裸地で、左足上がり、すぐ目の前には法面という状況。

グリーンまでは220Y。

イメージをしながら2本のクラブを抜き、選択したのは54度であり、

使わなかったクラブは60度だった。

どうせ乗らないので残り120Yまで行けばいいという目論見だった。


要は、状況判断とクラブ選択ですな。

ケース1の場合、ヤスなら何とかグリーンに近付けようと、

7番や8番を持ってしまいそうです。

ケース2でも、ヤスはUTやFWで枝の下を通し、グリーン回りまで

行かんかなぁ。。。と考えるに違いない。 結果、上手くいくとき

もあるし、大トラブルになる場合もあるでしょう。

プロは優勝争いやよほどの状況で無いかぎり、『無謀』なことは

絶対しないですね。 プロは。。。というよりプロでも ですね。

ケース3の場合でも、ヤスはあのライ・状況なら5番アイアン

ぐらいで、いや無理かなぁ。。じゃ、7番で、と考えるに

違いないです。ほんでもってメチャクチャになるんやろなぁ、と。

それを、はなから54度と60度しか選ばない。。。。



まり、日頃からアマチュアは技術も無いのに無謀なことを

しとるんやなぁ。。。ということですね。

ただ、プロの場合、上記3つのようなケースは1ラウンドに1回

あるかどうかなので、あまり着目されないんですね。



日ピースで ある人にこの話をしたのですが、その人は

『PWで刻んでも、プロはその後 長い距離が残っても乗せれるから

ええけど、アマチュアは乗らんで ちょっとでもグリーンに近付け

たくなるよねぇ』 と言った。


この話を聞いて、なるほど。。。。というより むしろ

否定的な反応をされたわけです。


エヘンッ


あのねぇ、FWから長い距離が乗せれんのに、上記3つのような

状況で、プロより長い番手を持ってグリーンに近付けれる技術は

無いっちゅうの。


こういったマネジメントの部分に耳を傾けず、自分の意思を貫き、

何かあれば『飛ぶドライバー無いか』 と言っている人は

残念ながらスキルアップ、平均スコアアップはあきらめて下さい。







とにかくワイワイ楽しくプレーするだけなら、全然いいですが、

クラブ競技や外競技でスコアを作りたい、まとめたいと

思うなら、一か八かのショットは禁物ですね。




プロゴルファーの豪快なドライバーショットやビタッとくるアイアン、

入りそうになるアプローチは当然素晴らしいですが、

ちょっとしたトラブルでは、アマチュア以上の安全策を選択する、

いわゆる『無謀』なショットはしない、というところにも着目したい
ですね。

もちろん、それが無謀かどうかはそのプレーヤーのレベルによって

違いますから、我々アマチュアは常に『自分のサイズ』のゴルフを

心がけたいですね。

ということでホールアウトです

                          
                         ↑↓クリックお願いします↓↑
                       
        にほんブログ村 ゴルフブログへ
        ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。







コメントの投稿

非公開コメント

難しい。。

2015年05月28日 12:38

スコアーにシビアに取り組んでいるプレイヤーには為になる例題ですね。アマチュアには、すごく勇気がいる決断をさらっとしてしまうのがプロなんだなと思いました。参考になります。
ただ、そのお客様のいう意見もわからないでもない…う〜ん…
ちなみに、ヤスさんはいわむら名物⁈打ち下ろしワンオンは狙われるんですか??よろしくお願いします。

Re: 難しい。。

2015年05月28日 13:20

>じゅん さま

コメントありがとうございます。

いえいえ、狙うことはないですねぇ(^^ゞ

左右もすぐOBですし、リスクが高すぎまして。。。

どうせ力が入ってミスショットになるのがオチなので(^^ゞ

それよりも距離が短いので、1オンの醍醐味よりも

確実にバーディーパットのラインを読んでいる時の方が

何かワクワクしてきますね(^o^)


痛切に感じます

2015年05月28日 23:01

昨年から初めて月例などの競技に出るようになり、50・60台の皆さんにオーバードライブされる自分を認められなくて、2打目をFWやUTで無理してパーオンを狙い、自ら崩れて行くことを繰り返しブービーやメーカーの順位でした。


今年は考え方を改め、『自分は飛ばないんだからボギーオンしてパーを取るにはどう攻めればいいか。2パットでボギーはやむなし』と考えるようにしたらここ二回の月例は8位→4位でした。(スコアは恥ずかしくて言えません。Bクラスですし(^_^;))

無理せず、自分にできることだけやる、まさに秀道プロの仰る『自分サイズ』って大事なんだなぁと実感します。

でもゴルフにつきものの、『見栄』が邪魔をするのをさらっと対処出来るようになりたいです。

クラブのスペックの『見栄』とかもありますよね。
Sシャフトが 当たり前と思わず、もっと年齢に合ったスペックを探す時期にも来てるのかな、とも思います。

貴重な記事、ありがとうございました<(_ _)>

Re: 痛切に感じます

2015年05月29日 08:19

>TM-ART さま

コメントありがとうございます(^o^)

8位から4位になった、ということに凄い意味があると思いますね。

70台が偉いなんてことは全くなく、本当に秀道プロが言う

『自分のサイズのゴルフをすることが大切』←すごく心に響いた言葉でした。

ですよね。

100を切れない人にいきなりパープレーで回れというのは無理なことで、

コンスタントに100を切るサイズから、やがて90を切るサイズに

移行していけばいいかな、、、というふうに思います。

平均100の人が、何回か、たまたまハーフ40が出ると、自分は何となく

85のサイズかなと勘違いしてきます。(実際、そういう方が多いです)

100切りには100切りの、90切りには90切りの守るべき

カテゴリーがあるので、しっかりとした判断をしたいですね。

飛び越えてはいけないと思います。

ほんでもって、そのためには無謀なことはせず、適格な状況判断が

できるよう、常に脳みそを回転させておきたいですね(^o^)