FC2ブログ

08月 « 2018年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合ゴルフ力≠ショット力

2015年 10月14日 17:18 (水)

10月14日(水)

ナイスプレ~

どこの倶楽部もだんだんと

クラチャン候補が絞られてきました。

ヤスの友人・知人の中にも そんな候補者が

たくさん いてます。


こういうことを言うと、『クラチャンてすごいなぁ』 とか

『プロのようなゴルフをするんやろなぁ。。。』 なんて想像

される方も多いようですが、

全然そんなことはございません。



よし、久しぶりにちょっと辛口でいきますかぁ

いいスコアを出したい方のみスクロールしてくださいね。













ショット力なんかはみんな変わらず、

て言うか、ヤスのショット力は他の方々に

比べればかなり落ちます。

でも、ショット力の差がスコアの差にならない

ということを知ってますので、全く気にしません。

例えばパー3、ヤスが5番アイアインでトップして

低~い 下品なスライスでグリーン手前で、

相手は6番アイアンで素晴らしいドローボールでカラー

だったとしても、『乗ってない』 というカテゴリーは

同じですからね

両者とも次の場面ではアプローチをしなければならないんです。

ところがほとんどの方は、相手のドローの球質を見て

自分の方が劣性に立っていると感じてくると思います。

そして頭の中はショットのことでいっぱいに。

次のショットがまたミスだったらその日はもうおしまい 

と、自滅のパターンに入るわけです。


『あかん、昨日のゴルフは全然ダメやった。後半になって

ちょっと良くなってきたけど。。。。』 という会話があります。

ちょっと良くなった のはショットのことで、結局みんな

自分のバロメーターは『ショット』しかなく、ゴルフが良かったか

どうかはイコール、ショットが良かったかどうか、という分析しか

できないんですね。


ゴルフはショットの連続性が重要なゲームです。

ほとんどのゴルファーは場面、場面をブツ切りにして

1ショット、1ショットに一喜一憂しているように

感じます。

いいスコアを平均して出すには

総合ゴルフ力の底を上げていくことが重要です。

総合ゴルフ力を構成している部門の一つに

ショット力 がある、という考えが必要です。

ほとんどの方は 総合ゴルフ力 = ショット力

だと思っているように感じます。

その証拠に テレビでも雑誌でもネットでもゴルフに

関するレッスンはショットに関するものしかありません。

ドローを打つには?

ドローが打てたってスコアは出ませんよ。

アゲンスト対策に低い球を打つには?

そもそも低い球を打つ必要がないですよ。

※プロは別ですよ。


枯れた芝からのアプローチの打ち方は?

おっと、これは大切ですよ。

もっとも時間をかけて読みたい、観たいところです。

が、しかし

ほとんどの方は ここはスルーです。


とにかく 総合ゴルフ力 を構成している各部門を

細分化して、ショット力だけでなく、全てを平均的に考えていくことが

必要ですね。




平均スコアアップにはアプローチ&パターの取りこぼしは

致命傷です。

ヤスはほぼ この部分で持っているようなものです。

ま、グリーンの奥はもちろん、ピンにたいして寄せにくい

と思われる方には絶対打たないようにしてますが。

だからこそ、必然的にパット数も少なくなる・・・と

思うんですけどね。

コーヒーを賭けて勝負をしても、その勝ち負けは

結局はパターが入るか否かですからね。



ほとんど負けることがない定光寺CC・ナイターゴルフ。

ヤスのパターがよく入る印象があるようで

いつも一緒に行く友達から

こんな画像が送られてきました。

勝負に勝ちたい人の為にこんな商売したら? やと。

IMG_2011.jpg


ということでホールアウトです

                          
                         ↑↓クリックお願いします↓↑
                       
        にほんブログ村 ゴルフブログへ
        ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。








コメントの投稿

非公開コメント

今回の辛口も

2015年10月21日 10:40

本当にためになります。
ありがとうございます<(_ _)>

これは、自分が競技に出るようになって痛切に感じる部分です。
個性的なフォームですごいショットを打つわけでもないのに上がってみると負けている、すごい飛ばすしびっくりするショットを打ったりもするけど上がってみたら勝っている。

ホント不思議なスポーツです。

そこそこのショットをそこそこつなげてあアプローチとパターで取りこぼさない、それができればそこそこのスコアは出るんだなぁとうまい人たちを見て感じました。


たまにプライベートでゴルフをやると、練習もほとんどしてないのにミスがでると『なんでかなぁ~』とかイライラし出したり…
自分の理想と現実のギャップを受け入れられない人の多さに改めて気付きます。

コースという現場は今の自分のありのままの実力で精一杯勝負するところなんだな、
見栄を張ったりスーパーショットを求める場所ではないんだなぁと感じました。

なんか、会社の面接やお見合いに似てますね。
自分を偽ってもすぐ見抜かれて、ボロが出る(^^;)
ゴルフは人生の縮図と言われる所以でしょうか。

改めて、秀道プロの『自分のサイズ』という言葉が身に染みます。

でもドライバーの飛距離はせめて210yは欲しい…
見栄ではなくて(^_^;)

Re: 今回の辛口も

2015年10月21日 15:01

>TM-ART さま


理想と現実のギャップ

まさにその通りですよねぇ。。。

人によって技術、レベルが違うのは それは

仕方ないことで、もちろん それに伴って

悔しがる場面も変わってくるのですが、

例えば50Yのアプローチをザックリしたとき

自分はこのミスを悔しがるに値するほどの

努力と練習をこれまでにしてきたか! っちゅうことですよね。

前の日に雑誌で見て よっしゃぁ~ と意気込んで

ミスをしても、そらあなた悔しがるのはアカンよ。

ということですからね。

適当に あぁぁぁ~ っていうのは楽しいですが、

周りが引いてしまう、また雰囲気が悪くなるような

悔しがり方や起こり方はダメですよね(^^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。