FC2ブログ

11月 « 2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

アドレスとグリップ

2014年 08月05日 12:46 (火)

8月5日(火)

ナイスプレ~

ゴルフで初めての人にレッスンをする光景を

見かけたり、またその話を聞くことがある。

そんな場合、たいがい、『まず打たせてみる』 という

ことが多いようだ。

しかし、『まず打ってみる』 ことは出来ないに決まってます。

義務教育の過程を終えずして、まずこの方程式を解いてみろ

と言っているようなものですからね。

練習場に行かなくても、とりあえず

いいアドレス と いいグリップが身体に染みつくまで

時間を費やした方が絶対その後がスムーズになると思います。

また、そこそこゴルフをやっている人でも

時折、自分のアドレスとグリップを見つめなおす癖を

付けておいた方がいいと思います。


さてさて 先日の土曜日、久しぶりに

ナイターゴルフに行ってきましたぁ

CIMG8366.jpg
アドレスで試したいことがあったので、

実戦練習としてちょうどいい機会でした。

CIMG8368.jpg

試してみたいこと。。。別に秘密でも何でもないので書きますが、

アドレス時、ヤスは左つま先をやや外に向けるのですが、

そのせいで、トップのとき、左ヒザが右足側に寄って来ず、

若干 前に出るクセがある。

上半身が上手く捻転出来て、下半身もついてくるときはいいが、

そうでないときは上と下がバラバラになり、振っても振っても

タイミングが合わない現象が起きる。

なので、アドレス時、予め、左ヒザを5cmだけ右側に寄せておく。

すると、すんなりと下半身もいい動きになるのではないか、という

仮説を立てました。

結果・・・・いいぃ~

でも、誰にでも当てはまることではありません。

これはヤスだけの修正箇所ですし、別にそんなことをしなくても

もっといい方法があるかもしれません。

下手すると、アドレスごと全部変えた方がいいかもしれません。


とにかく、今の自分のアドレスとグリップについて、

人に説明ができるぐらい『自分の考え』を持っているかが大切ですね。

また、その説明におかしな点があり、何かを指摘されたとき、

それを素直に聞き入れ、試してみる勇気も必要です。

何となく、クラブ持って何となく構えて球を打っていても

18ホール続かないと思います。

完全にスライス系のアドレスなのに、そこは無視して

いくらドローを打たいと思っても無理ですからね。

どういうゴルフをしたいか、どんな球を打ちたいか

から順番に辿り、最後はそのための理想のアドレスにもっていく。

そんな風に考えてみてもいいんじゃないしょうか。

誰かの格言にあったかもしれませんが、

ヤスも心の底から賛同します。

ゴルフの90%はアドレスとグリップで決まる。 

でも、ここからヤスなりに改ざんします。

ショットは90% アドレスとグリップで決まる。 

ただし、スコアには『あまり』関係ない。。。。  と。

ということでホールアウトです
                            
                           ↑↑クリックお願いします
                   
        にほんブログ村 ゴルフブログへ
         ランキングに参加しています。クリック↑↑お願いします。

コメントの投稿

非公開コメント